グッズ製作(ネコちゃん)

グッズの製作をご案内しています。
ネコちゃんのキャラクターをテープLEDで作成し直しました。
ネコちゃん初代ネコ単体のLEDを使っていた初代ネコちゃん

2022年11月01日

概 要

  • [ミッチュン]ミッチュン:ネコちゃんのイルミネーションです。幼児が近くで触って「よしよし」できるように目に優しい明るさです。
    (12ボルトのテープLEDを9Vで動作させています)
    ネコちゃん

材 料

  • LEDテープ5m 12 ボルト(白色) アマゾン
    白LED アマゾンで検討・購入する
  • LEDテープ5m (赤色) アマゾン
    赤LED
  • LEDテープ5m (みどり色) アマゾン
    みどりLED
  • LEDテープ5m (橙色) アマゾン
    橙LED
  • LEDテープ5m (黄色) アマゾン
    黄色LED
  • 白・赤には白ベース・青には黒ベースを使用しました。
    LED
  • 釣り糸2号 10m
  • スイッチングACアダプター9V2.5A STD−09025U 1000円 秋月電子通商(通販可)
    アダプタ 9V
  • 弱電ケーブル(LANケーブルの被覆を剥がして中の電線を使います)
    ランケーブル
  • インターホン用ケーブル1m(端子群用)
  • 工作用ネット(金網)45センチ×1メートル
    金網
  • 針金2ミリ 10メートル 曲げるのにかなり力が必要です。自信にない方は1.6ミリとか細いのを選んでください。
  • アルミ板 0.3mm 455×900 1枚  アマゾン
    アルミ板 アマゾンで検討・購入する
  • マザーボード用固定ピラー アマゾン
    (他にも使えて便利・相当数余る)
    ピラー
  • 3M L10 ボルト 4本
  • 3M @13 ワッシャ8個
  • 3M @10 ワッシャ8個
  • アルミワイヤ 1つ 100円 ダイソー
    アルミワイヤ
  • 結束バンド 長さ 10センチ程度
    結束バンド
  • ハンダ
    ハンダ
  • ハンダペースト
    ハンダ
  • 絶縁テープ白色
    白色絶縁テープ
  • べニヤ又は模造紙(新聞紙でも可)
  • 熱収縮チューブ(スミチューブC クリア) Φ3mm
    熱収縮チューブ
  • 接着剤(防水性あり絶縁性があり)
    接着剤

道 具

  • 電池式ドリル アマゾン
    (電池の割には強力)
      電池式ドリル
  • ドリルビット アマゾン
      ドリルビット
  • 差し金
    差し金
  • ペンチ
    ペンチ
  • プライヤー
    プライヤー
  • ラジオペンチ
    ラジオペンチ
  • ニッパー
    ワイヤストリッパー
  • ワイヤストリッパー(あった方が楽に作業ができます)
    ワイヤストリッパー
  • カッター(大)
  • ハンダ鏝(温度調整も可能)
    ハンダ鏝 アマゾンで検討・購入する
  • 保護メガネ(カッターやハンダ付けの時は必ず使いましょうメガネの上からも使えます)
    保護メガネ
  • 洗濯ハサ小型 100円ショップ ダイソー
    洗濯ハサミ

製作方法

  • ラフ図を作成します。(身長87 センチ手から手まで幅46センチ 尻尾長36センチこれ以上大きいと白のテープLED:5mが不足する可能性有ります)
    2ミリの鉄線で外形を作製します。
    金網をセットして周囲を2センチ外側でニッパで切断して上部から金網を内側に巻き込みます。
    ヒゲの部分の2ミリの鉄線に金網の針金を巻きつけます。(ハンダ付けしやすいように)
    ヒゲの部分は2ミリの鉄線で内側5センチから伸ばします。
    回転しないように金網部分にハンダ付けします。
    金網をネコ型に成型
  • 0.3ミリ厚のアルミ板を幅24ミリで切断します。カッターで力強く3回切り口を入れます。その時差し金が動かないようしっかり固定します。複数本作成します。
    作業中は保護メガネを使いましょう。
    アルミ板カッターで3回切り口を付けます
  • 少しづつ何度も折り曲げて金属疲労で切断します。
    切断後のアルミ板
  • 折り曲げ器を使って折り曲げます。
    (少しづつ折り曲げます)
    アルミ板折り曲げ
  • 曲げ方は下記の折り曲げ器を使って折り曲げます。
    アルミ板折り曲げ器折り曲げ器の作り方別ページ
  • LEDの向きは次の画像の通り内向きに照らします。
    アルミ反射板の向き
  • 24ミリに切断したアルミを折り曲げ器を使って曲げてL型状態です。
    アルミ反射板
  • ニッパで切断します。
    折り曲げ幅は急カーブのときは小さい幅で・緩いカーブの時は大きい幅で曲げます。(幅の目安は大幅=ペンチ 中幅=プライヤー 小幅=ラジオペンチ)
    アルミ反射板
  • ペンチ・スパナ―又はラジオペンチで90度に折り曲げコの字型にします。
    アルミ反射板
  • 幅が広いときはペンチ・中程度の時はプライヤー・狭いときはラジオペンチで折り曲げます。
    ペンチ
  • コの字型のアルミ板を一部重ねて折り曲げるとしなってしまいます。しなった方向とは逆に曲げます。(画像では右端を時計方向に回します 左端を反対方向に回します)
    アルミ反射板
  • 小さな目(円)の場合は小さくニッパで切断して交互に90度に折り曲げます。
    アルミ目
  • 円形に曲げラジオペンチで残りの部分を90度に折り曲げます。
    アルミ目
  • ■端末処理■
    テープLEDの透明樹脂部分と基盤の爪で少し剥がしてニッパで切断します。
    (テープLEDの種類によっては剥がしにくい場合があります。カッターを併用して剥がしましょう。)
    テープLEDハンダ付けテープLEDハンダ付け詳細説明別ページ
  • テープLEDには切断可能な位置があるので一番近い位置で切断します。
    長さを正確に測るため洗濯ハサミで固定します。
    LEDを仮置き
  • テープLEDの養生テープを一部(下記画像ではグレーの部分)剥がします。
    裏側から絶縁テープ(下記画像ではグレーの部分)に貼ります。
    テープLEDハンダ付けテープLEDハンダ付け詳細説明別ページ
  • 絶縁テープでべニア板の上に仮止めします。
    ラフ図に描いたネコちゃんのどの部分のLEDか記入して附番します。
    端末処理
  • 端子部分のイメージです
    大きなワッシャで金網を挟み上部に浮かせて固定し電線が金網に接触するのを防ぎます。
    端子1個
  • 次の画像の様に太めの電線(インターホン等電線)を張ります。
    この端子があると修理の時断線部分を見つけるのが容易になります。
    端子
  • アルミにテープLEDを貼り付けます。
    裏側の養生紙を引っ張って剥がしながら貼り付けます。
    アルミに接着
  • 配線を外に出すためアルミの反射板を内側に倒します。
    配線
  • 端子廻りの配線をします。
    端子廻り配線
  • ■テープLEDの固定■
    20センチ間隔(ただし上部1か所は必ず)にドリルで1ミリの穴を開け釣り糸で固定します。
    (テープLEDには両面接着テープがあるが長い間には接着部分が朽ちてたれ下がるので釣り糸で固定します)
    釣り糸で固定
  • ネコちゃんの表情を目と口を右寄りにします。
    調整前 微調整前 調整後 微調整後
  • 9ボルトの電源を接続すれば完成です。
  • ご不明な点はお問い合せ下さい。