注意で防ぐ危険をご紹介をしています。

マダニの危険

しかのマダニ
マダニの感染症「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」に注意しましょう!!

2014年06月29日

マダニの危険

  • フタトゲチマダニ
    平成23年に初めて特定された,SFTSウイルスに感染することにより引き起こされる病気で,主な症状は発熱と消化器症状で,重症化し,死亡することもあります。 SFTSウイルス自体は,以前から国内に存在していたと考えられますが,平成25年1月に初めての症例が確認され,現在までに,宮崎県(15例),愛媛県(10例),広島県(7例),長崎県(6例),鹿児島県(5例)等,全国で65人のSFTS患者が確認されています(平成26年6月6日現在)。
  • 森林や草むら,藪など,マダニが多く生息する場所に入る場合には,肌の露出を少なくする。
    長袖・長ズボンを着用する。
    シャツの裾はズボンの中に,ズボンの裾は靴下や長靴の中に入れる。
    足を完全に覆う靴(サンダル等は避ける)を履く 。
  • 広島県のホームページ広島県感染症・疾病管理センター(ひろしまCDC)から引用

危険度

  • マダニが媒介するウイルスによる感染症、SFTS=「重症熱性血小板減少症候群」は、去年1月、国内で初めて感染が確認され、これまでに九州、中国、四国、近畿の13の県で53人が感染し、うち21人が死亡しています。40%に近い致死率です。