朝の連続ドラマ小説「てっぱん」でおなじみの広島風お好み焼き
(豚玉イカ天そば入り)(省エネ調理)

 野菜嫌いの子供は多いですね。 広島風お好み焼きは子供に野菜を食べさせるのに最適な料理です。 しかし家庭で作るにはキャベツに甘味を出すための温度管理や食材の返しなど 結構ハードルが高い。 そこで家庭でも失敗しないで、簡単に、省エネルギーの広島風お好み焼きの料理方法をご紹介します。 2011年02月15日追記:鳥の砂肝を入れると尾道焼きになるらしい。

改定2010年11月16日
2008年01月26日

材料(一人分)

  • (1)豚バラ肉50g
  • (2)サラダ油小さじ1パイ
  • (3)キャベツ1/5個(250g)

    はかりの上にキャベツメモリは250g

  • (4)もやし1/5袋
  • (5)小ねぎ3本
  • (6)お好み焼き粉40g(1袋300g)

    包装されたお好み焼き粉

    はかりの上のお好み焼き粉メモリは40g

  • (7)水55cc
  • (8)塩コショウ少々
  • (9)削りこぶし少々
  • (10)イカ天少々

    イカ天

  • (10)うどん1袋 または焼きそば1袋
  • (11)生卵1個
  • (12)お好みソース
  • (13)青海苔

調理具

  • (1)ステンレスボール
  • (2)26〜28cmテフロン加工フライパン
  • (3)同上ふたガラス付きがベター
  • (4)割れにくい25cm皿(画像は山崎パンの景品)
  • (5)割れにくい30cm皿(画像は山崎パンの景品)
  • (6)キッチンペーパー
  • (7)ヘラ
  • (8)おたま
  • (9)手袋

作り方

  • (1)ボールにお好み焼き粉と水を加えてダマをつぶす要領で混ぜます。
  • (2)キャベツを線切りにして軽く塩コショウをふります

    線切りされたキャベツ

  • (3)中火のフライパンに小さじ一杯のサラダ油を入れキッチンペーパーでふき取りながら全面に塗ります。
  • (4)おたま1杯分の(1)をフライパンに入れ、すぐにフライパンを四方に傾けフライパンにいっぱいになるように流します。

    フライパンにおたま1杯分お好み焼き粉

  • (5)表面がに熱が通って固まらない内に削り粉と塩コショウをふります。
    中火で2分半焦げ目が付くまで焼きクレープのような皮を作ります。
    (少しめっくって焼け具合を確認しましょう)
    このとき裏返して両面焼いてはいけません。
    (削り粉がフライパンに付着して焦げ次の食材に付着します)

    フライパンにおたま1杯分お好み焼き粉に塩コショウ

  • (6)できた皮は裏返してお皿に取っておきます。焦げ目はこの程度にしましょう

    クレープ状の皮をお皿に取っておく

  • (7)コンロの火を止めて、豚バラを乗せコショウをふりかけ もやしをのせます。

    フライパンに肉を並べその上にもやし

  • (8)イカ天をのせます。

    フライパンに肉・もやしその上にイカ天

  • (9)キャベツをのせます。
  • (10)小:ねぎをのせます。

    フライパンに肉・もやし・イカ天・キャベツねぎをのせる

  • (11)前もって作成しておいた皮を被せます。

    フライパンに肉・もやし・イカ天・キャベツに皮を被せる

  • (12)キャベツにふたが触れないこと
    (キャベツがふたに触れていたら温度が下がるので 一旦ふたをあけて食材を押さえ ふたをする。)

    フライパンに肉・もやし・イカ天・キャベツに皮を被せふたをする

  • (13)レンジの能力で多少違うが炎の大きさを次の通り弱火に調整してふたをして5〜6分間炒めて火を止めます。

    ガスコンロの炎の大きさ

  • (14)皮からあふれ出た食材をヘラで皮の中に入れながら食材を四方からそれぞれ移動させ食材とフライパンが分離したことを確認します。 25センチ皿をフライパンに載せて効き手にフライパン反対の手に手袋をして次の画像の状態で持ち上げ そのまま反転さます。 この時吊戸棚にぶつけないように注意しましょう。
    (必ず手袋をしてください熱いキャベツが手に落ちてきてやけどすることがあります)

    フライパンに皿をかぶせ手袋をした手を添えて食材の返し

  • このように返します。

    食材の返しのイメージ図

  • (15)お皿で待機中 うどんや卵がいらないならこれで完成です。

    お皿で待機

  • (16)豚バラの付着したフライパンでそばまたはうどんを炒めて卵をのせます。
      黄身がフライパンに付着するようにかき混ぜます

    うどんを炒めて卵をのせる

  • (17)お皿で待機中の(14)をお皿ごと被せる。皮がお皿から離れないので手で離す。ふたをして2分間弱火で焼きます。
  • (18)皿に盛るのも30cm皿をフライパンに被せてそのまま反転させて盛ります。

    フライパンに皿をかぶせ手袋をした手を添えてひっくり返し皿に盛る

  • (19)次を焼くために油のついたキッチンペーパーでフライパンを掃除します。
  • (20)ソースをかけ青海苔をふりかけます。

    ソースをかけ青海苔

ポイント

  • (1)連続して焼くため、焦がさない。 (フライパンを掃除しないていいいように焦がさないで焼きます。  うどんでフライパンが掃除される状態で連続焼きを可能にしてフライパンを冷まさない事が省エネルギーとなります。)
  • (2)キャベツは250グラム以内 これ以上はキャベツに甘味が出るまで加熱されないことがあります。
  • (3)最後はソースと青海苔の順番かけましょう。青海苔を先にかけるとソースをかけるとき青海苔が吹き飛ぶことがあります。

感謝

  • 最後に数多くの試作品(できそこない)を食べてくれた。カッズーン アッシー ミッチュンに感謝